【使える上司】と【使えない上司】 状況説明不足が原因 簡単に脱却する方法

Life

部下から慕われる上司でありたい

使えない上司と言われたくない

環境整備も含めて部下とは円滑な関係を作りたい

しかし

仕事を手伝ってくれる上司、あれこれ世話を焼く上司になるのは

全く違います

使えない上司=役に立たない上司なのでしょうか?

使えない上司という言葉に含まれる人物とは

・そもそも仕事をしない

・上からの指示を丸投げする

・上層部に対して確認を行わない

・クレーム対応に出てこない

部下から見て上司の仕事は見えにくいものなのです

自分が困っている事について接点を持とうとしないだけでアッサリと

うちの上司は使えないという烙印を押されてしまいます

部下の見えない場所で根回しをしたところで使えない上司扱いをされてしまう

悲しい生き物ですね

部下に対してこのような指示や指導をした事はありませんか?

『得意先に対してしっかりアピールした方がいいよ』

仕事は結果が全てとは言われますが

相手にプロセスを示す事で結果が大きく変わります

相手が上司なのか部下なのか得意先なのか

その理屈は相手を選びません

上司が部下対してプロセスを説明する

上司の仕事は見えにくい物です

役職が上がるたびに仕事の役割が違い、新しい仕事が増えるのが常です

逆を言えば上の役職の経験がない部下層からすれば

上司の仕事がどのような内容か解っていないのは仕方ない事なのです

部下から何を言われても、どのように思われようとも構わない

そのような管理職はこの時代にはいないでしょう

相互理解された組織を目指す為

風通しの良い環境づくる中でも上司層の仕事を部下層にオープンに

する事が大切なのだと思います

仕事の中身をフルオープンにする必要はないと思います

しかし

部下との円滑な関係構築を目的として自身の仕事を見せるのであれば

フルオープンにする必要はありません

簡単に言ってしまえば部下に対しても社内営業をする感覚で

仕事を魅せる

更に可能であれば

意見を求めるように話をしてみてください

取り入れるべき良い意見が出てくるはずです

多少でも持ちつ持たれつの状況が構築できたなら

部下が持っている『使えない上司』であるとの印象は

無くなる事でしょう

しかし、部下は上司をよく見ています

本当にサボっていたり、仕事の中身がいないなら

部下には見透かされてしまいます

今回の記事はあくまでも、部下に誤解を受けている場合に当てはまります

誤解は上司層が解かなくてはなりません

背中で解ってもらえる時代ではありませんので

ご注意ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました