松下幸之助著『道をひらく』ビジネスパーソンに向け短文要約してみる

Life


道をひらく (松下幸之助シリーズ) [ 松下幸之助 ]

松下幸之助著『道をひらく』は彼のビジネス哲学と経営手法について説明した本です。この書籍では

そのビジネス哲学で成功を収めた理由について詳しく説明されています。

ビジネスパーソンに向けた内容で以下に要約してみます。

自己改善を目指す

成功を収めるためには、自己改善が不可欠です。自分自身を改善することができれば周囲との人間関係も

改善されビジネス上の成功につながるという考え方です。

顧客第一主義を貫く

松下幸之助氏は顧客第一主義を貫き、商品やサービスを提供する際に顧客のニーズや要望に最も適したものを提供することを重視

しました。顧客に対して良いものを提供することがビジネス上の成功のカギとなるという考え方です。

品質にこだわる

松下幸之助氏は品質にこだわり、常に高品質な商品やサービスを提供することを目指しました。

顧客が満足する品質の商品やサービスを提供する事が長期的なビジネス上の成功に繋がるという考えです。

経営哲学を共有する

松下幸之助氏は経営哲学を全社員で共有することを重視しました。全社員が同じビジョンを共有し

共通の目標に向かって協力することが企業の成功につながる考えです。

挑戦する姿勢を持つ

松下幸之助氏は新しいアイデアや技術に対して積極的に取り組む姿勢を持っていました。

常に挑戦することが、企業を成長させるために不可欠であると考えています。

変化に対応する

松下幸之助氏は変化に対応することが企業の生き残りにつながると考えています。

経営環境が変化する中で企業が適応し変化に対応することが必要です。

チームワークを重視する

松下幸之助氏はチームワークを重視していました。

個人の能力よりもチーム全体の力を重視し、全員が協力して目標に向かう事が大切だという考え方です。

社会貢献を意識する

松下幸之助氏は企業が社会に貢献する事が大切だと考えています。

企業が利益を追求するだけでなく、社会的な問題に対して積極的に取り組むことが企業としての

価値を高めると考えています。

経営者としての責任を果たす

松下幸之助氏は経営者としての責任を果たすことが企業の成功に繋がるという考えをしています。

社員や顧客、社会に対して責任を持ち、それを果たすことが経営者としての使命であるという考えです。

経験から学ぶ

松下幸之助氏は経験から学ぶことが大切だと考えています。

失敗から学ぶことができ、それが次の成功に繋がるという考え方です。その為失敗を恐れずチャレンジを

続ける事が大切だと考えています。

まとめ

驚くべきはこの書籍が直近に書かれた物ではないという事です。

自己啓発本を数冊読んだ方からすれば当たり前の事が書かれているように感じるかもしれません

ある意味使い使い古された内容かもしれません。

しかし、その原点がこの書籍なのかもしれません。

それゆえ読む価値があると感じさせられます。

中間管理職とは経営者の目線が必要であり、その考え方が手助けになる事があります。

この書籍に興味を持っていただけたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました